なみき合同探偵 広島

浮気をごまかす言い訳

恋人や夫婦の浮気に気がついた人は、恋人や夫婦の言い訳から、浮気をしていると確信を持った人がいます。

自分のパートナーが浮気をしていないか不安な人は、浮気をごまかすために使われる言い訳から、パートナーとの会話を思い出してみて、浮気をしていないか確かめてみてはいかがでしょうか。

浮気調査で手に入る浮気の証拠とは

・「残業だから...」
「残業で帰りが遅くなっただけ」、「残業なんだから仕方がない」など、仕事に関連するフレーズが浮気をごまかす言い訳に使われることが多く、特に男性にこの言い訳を使う傾向が強いようです。


・「ただの友達...」
「友達だから...」、「友達と一緒に...」、パートナーとの会話にやたらとあなたが知らない友達が出てきたり、異性の知り合いすべてを友達と表現する人は、浮気をしている可能性があるだけでなく、浮気癖を持っていることがあります。


・「俺(私)を信じてないの...」
恋人や夫婦なのだから信頼するのは当たり前、という感情を利用して、浮気を疑ったあなたが悪いと思わせ、あなたの罪悪感をうまく利用しようとする言い訳のフレーズ。
この言い訳は、ほかの言い訳のなかでも性質が悪く、浮気の追及を強くすると逆ギレする人もいるため、追求は慎重に行いましょう。


・「寝てた(気がつかなかった)...」
連絡が取らなかったり、家に行っても居なかったりしたときの言い訳でよく使われるのが、こちらのフレーズ。本当に寝ていたか、気がつかなかっただけなのか判断が難しいため、浮気と断定するためには、前後の会話にも注意しましょう。


浮気をごまかすためによく使われる言い訳のフレーズですが、パートナーとの会話で気になるフレーズがあれば、そこを追求するなどして、浮気をしていないか確かめることもできます。

しかし、浮気の追及を強くすると、パートナーから激しく反発される場合もあり、二人の関係がいっそう悪くなる可能性もあるため、慎重に行動する必要があります。

パートナーに気づかれないように浮気を調べたい、言い訳でごまかされていると感じたら、探偵までご相談ください。

浮気調査で、パートナーに気づかれることなく、浮気の証拠を手に入れる方法をお教えします。


パートナーの浮気を調べるために

滋賀の探偵事務所
浮気調査の料金、浮気調査の調査方法について調査のプロが紹介します。