なみき合同探偵 広島

離婚時の慰謝料について

あなたのパートナーは誠実な人ですか?

離婚時の慰謝料とは、浮気や暴力などによって受けた精神的苦痛・肉体的苦痛に対する損害賠償金として相手に請求するものです。

慰謝料請求が承認されるのは離婚後3年までです。
最近では、慰謝料を財産分与の中に含めて支払うケースも増えてきました。
ただし、その旨を文書として残しておかないと、
トラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。
慰謝料額の判断基準
調停や裁判などで慰謝料の金額を決める際には、様々な判断基準を用います。
以下に、代表的な判断基準をまとめておきます。

〇請求者の精神的・肉体的苦痛の程度
〇離婚後の請求者の経済的条件
〇請求者の婚姻維持への協力度
〇被請求者の不貞・暴力など、有責性の程度
〇被請求者の支払い能力や社会的地位
〇被請求者の離婚を望む気持ちの強さ
〇婚姻期間の長さ
〇社会的に独立していない子供の存在
〇親権問題

慰謝料の相場

慰謝料の金額は本当にケース・バイ・ケースですが、
一般的な相場は50万~300万円と言われています。
因みに、高額な慰謝料が承認されるのは以下のような場合です。

〇長期間の不貞事実がある場合
〇配偶者の尽力を顧みず一方的に婚姻関係を破綻させた場合
〇支払う側に経済的余裕がある場合

当社は慰謝料をはじめとして、離婚調停、財産分与、養育費などについてもご相談を承っています。 まずはお気軽に、お電話やFAX、メールでお問い合わせ下さい。